パーソナルカラー診断・骨格診断

骨格診断で、魅力倍増!トップス選びのコツ!

 

骨格診断とは、持って生まれた体の「質感」「ラインの特徴」から、自分自身の体系を最もきれいに見せるデザインと素材・柄がわかるというもの。

手首や背中、鎖骨、腰回りなど身体の数カ所を軽くタッチしながら診断していきます。

 

骨格診断によって、似合う洋服が違う!

 

骨格タイプは3タイプあります。

 

ストレート:ハリのある質感を持っているので、身に付けるものも厚みがあり、ハリのある質感で、シンプルなデザインがお似合いです。

引き算スタイルが得意なので、適度な装飾は避けてシックにまとめましょう。

立体的でメリハリのあるボディラインを上品に強調するよう、適度にボディラインを見せるコーディネートがおすすめです。

 

ウェーブ:柔らかな質感を持っているので、身に付けるものも薄手で柔らかな質感で、装飾のあるデザインがお似合いです。

ソフトで華やかさを意識したコーディネートがおすすめ。

足し算スタイルが必須なので、寂しい印象にならないようにアクセサリーやヘアスタイルで工夫しましょう。

ウエストをマークするなど、ボディラインを隠さないスタイルがおすすめ。

 

ナチュラル:ラフ感を意識した大人カジュアルコーディネートがおすすめ。

洗いざらしなどの風合いある質感で、ゆったりとしたデザインをセレクトしましょう。

長め、大きめ、太めに作られたデザイン、作り込み過ぎないアイテムが得意です。

ボディラインを強調するより、フレームの美しさを強調すると良いですね。

 

骨格タイプから似合うニットを比べてみました!

 

骨格や筋肉のつき方、体のラインなどがそれぞれ違うので、洋服もデザインはもちろん、素材や柄まで似合うものが変わってきます。

例えばトップスで違いを見てみましょう。

私は骨格タイプがナチュラルです。

トップスもボトムスも、長め・ゆったり・太めといったキーワードが似合うとされています。

実際にナチュラルタイプに似合うニットを着比べてみました。

いかがでしょうか?

 

まずBのトップスは、どちらかというとストレートタイプの方に似合うデザインです。

大きすぎず小さすぎずのサイズ感であること。

そして袖丈や着丈も標準サイズです。

編み方もハイゲージニットなので、まさにストレートタイプの方におすすめのデザインですが、これをナチュラルタイプの私が着ると、なんとなく貧相に見えるんですね。

また腰回りも大きく見えてしまいます。

 

反対にAのゆったりニットであれば、ラフなデザインなのに華やかで、より女性らしさが引き出されます!

ゆったりで大きめのデザインを着ることで、小顔効果もあり、手も実は小さく見えるんですね。

腰回りも気になりません!

 

どちらが好感度を持てるかというと、Aのトップスということになります。

いかがでしょうか?

 

このように骨格タイプを知ることで、自分に似合うデザインや素材、柄までわかり、スタイリッシュな印象にすることができます!

骨格診断は、何よりあなたが本来持っている女性らしさを引き出すことが目的です。

好感度も魅力も倍増させることができますよ!

 

現在動画でも解説中!

元芸能人のスタイリストが行うパーソナルカラー診断&骨格診断

 

 

 

 

 

札幌・パーソナルカラー診断&骨格診断の講座詳細はこちら

東京開催レポートはこちら

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ファッション+好感度UPプロデューサー 仲川すみれ

ファッション+好感度UPプロデューサーの仲川すみれです。 元芸能人のスタイリストの経歴を持ち、これまで300名以上の女性とスタイルアップ提案やマインドセッションを行っています。 「本来あなたが持っている魅力」を引き出し、ファッションやメイク、マインドから好感度をアップ!「なりたい自分になる」メソッドを提供しています。 パーソナルカラーアナリスト・骨格診断ファッションアナリスト・コーチングNLPゼネラリスト・メンタルヘルス心理士・ブレインアナリスト。

-パーソナルカラー診断・骨格診断

© 2021 ファッション+好感度UPプロデューサー 仲川すみれ